おはようございます。

昨日が今年最後の営業でした。 今年はたくさんの方にコーヒーを買って頂いて嬉しい限りです。 来年も宜しくお願い致します。 生豆の氷温熟成を色々試している最中ですが、来年には適正な期間を見つけお店に出す予定です。 パンの🍞氷温熟成は35年前ぐらいからやっているので科学的にも違いが証明されています。 もちろん、美味しいかどうかは食べた人の判断ですが「食べやすくなる」と言う感想が多いいですね。 キーコーヒーさんが氷温熟成珈琲を出しているので 参考にしています、 コーヒー業界はパン業界ほど情報を共有する姿勢が進んでいないので、色々な事で誤解される事が多いいです。 嗜好品は付加価値を付けやすいですが同時にその中には意図的に間違った情報を付けるお店なども見受けられます。 私はそんなことのないよう気をつけていますがおじいちゃんなので、間違えがあったらお許しください。 それでは、皆さま良いお年をお迎えください。

最後の焙煎日

今年最後の焙煎日になりそうです。 今年は色々な豆を買い焙煎しましたが、まだまだ 経験が足りないように思います。 ブレンドに使う一般的な豆に関してはプロファイルも出来、安定しましたのでこれを基本に来年も新しいスペシャルティー豆の焙煎に挑戦していくつもりです。 私の好みもハッキリしてきたので来年はその辺を軸に豆選びをしていきます。 残り3日の営業なので足らない事のないよう多目に焙煎しますので、よろしくお願い致します。

クリスマス

昨日がクリスマスケーキのお渡のピークで、今日から少し落ち着いて仕事が出来ます。 毎年の事ですがホント疲れますね。娘がケーキ担当なので連休中私と妻が孫を見ながらの仕事で、今日はグッタリです。 明日はお店が休みなのでコーヒーの最後の焙煎を 張り切ってやります!

長引く風邪

咳はだいぶ治ったのですが、今度は口内炎になり 相変わらずコーヒーが美味しく飲めません。 年とともに治りが遅くなりますが焦ったところで 直ぐに治る訳でもないので、年内はダメだろう、と 諦めています。 昨日の中華料理は美味しく食べられたので、コーヒーの味はかなり繊細で分かりにくいのだと思います。 写真はゲシャ ビレッジです。ダージリンティの香りが分かります。

銀座アスター

今日は鎌倉の銀座アスターで昼食です。 鎌倉店が出来て35年の記念だそうで、特別コースランチにしました。 この店は中華街よりもあっさり調理してるので私好みです。また、チエーン店なのですが高級感もあり何時も満足します。中華街のお店ははずれると油臭くて胃にもたれますね。 やはり銀座が頭に着く店ははずれません。 写真はフカヒレと貝柱のスープで最高でした。 また、行きたいですね。

咳の風邪

毎年、この季節には軽い風邪をひいてしまいます。 今年は咳が止まらず困ります。コーヒーの味も香りも良く分からないので、コーヒーカップに鼻を突っ込んで香りを確かめます。 ガテマラのような特徴のあるコーヒーで何とかわかるくらいですね。 皆さんも気をつけてください。 写真はガテマラ エスペランサ農園でバランスのとれた美味しいコーヒーです。

年末、年始の営業のお知らせ

バタバタの12月、早くも師走の中旬にさしかかり、年末年始の営業告知が遅くなりました。 *年末は29日までの営業です。 *年始は5日からの営業になります。 宜しくお願い致します。 *通販の年末年始のお知らせ。 *最終発送は27日になります。 *年始は5日からの発送になります。 宜しくお願い致します

エチオピア イルガチェフェ ナチュラル

今ではエチオピアを代表するイルガチェフェ地区。 そこで生産される豆は品質が非常に良く、世界中から買い付けに来ているようです。(値段も上がります) 特に世界中のナチュラル精製のなかでもっとも華やかでフローラルな豆がこのイルガチェフェ ナチュラルでしょう。粉にしてから、抽出までフローラルな香りが溢れます。 飲むとコーヒーとは違った飲み物に感じるほど個性的な味と香りで、はじめてのひとはビックリします。私も最初は馴染めませんでしたが、最近ではたまに飲みたくなるコーヒーです。 変わった味のコーヒーもたまには良いものです。 チャレンジしてみて下さい。

パナマ🇵🇦飲み比べ

エスメラルダ農園のダイヤモンド マウンテンとアンセルミート農園のパルマウンテンの飲み比べです。 どちらもパル火山の麓ポケテ地区の豆ですが、パルマウンテンはティピカが70%入っているパナマでもめずらしい豆です。 エスメラルダ農園の豆は繊細なあじと香りですがアンセルミート農園の豆は濃厚で、パナマらしい独特の香りを持っています。 私の好みはアンセルミート農園ですね。と言うことで、今年はパナマアンセルミート農園の販売になります。よろしくお願い致します。

ラチェンブレンド

新しいラチェンブレンドの配合を考えています。 スッキリ、飲みやすいのが条件なので中南米の豆 3種類で作っていましたが、香りともう少しボディーが欲しいと言う事で、エチオピアイルガチェフェG1ウォッシュト加えてテストしてみました。 豆の種類 *ブラジル スウィートシャワー *コスタリカ ハニー *エルサルバドル パカマラ *エチオピアイルガチェフェ G1ウォッシュト 後は割合を調整しますが、同割では香りも良くこのままでも良いかな?と感じています。

コスタリカハニー

コスタリカハニーが「カンデリーシャ」から「エルサル ナンシー」に変わりました。 大きな違いは「エルサル ナンシー」の豆の方がクリアーでスッキリした飲みくちなことです。甘みも十分ありランクもトップスペシャルティーになっています。 抽出温度はやはり85〜90度ぐらいないと十分なあじと香りがでませんね。コスタリカの豆の傾向でしょうか? 個人的には「カンデリーシャ」が好きなので、また戻るかもしれません。

シュトレン販売始まりました

本日からシュトレンを販売しています。薄く切って少しづつ食べながらクリスマスを迎えてください。 プレインブレンドが良く合いますので、お供にいかがでしょうか。 よろしくお願い致します。