コロンビア ピンクブルボンのカッピング


おはようございます。

昨日、焙煎したピンク ブルボンのカッピングです。

本来はミディアムぐらいの浅めの焙煎でするようですが、店売りの焙煎度ではないのでミディアムは仕入れ先のカッピング情報を参考にします。

焙煎の基本には「豆のしわを伸ばす」という目安があるのです。

浅めの焙煎でシワが伸びる豆も有りますし、シティーでもシワが残る豆も有ります。シワの残った豆は

時間経過と共に渋みや強い酸味が出やすくなりますね。

今回のピンクブルボンはやや深めのシティーでシワが伸びました。

本来はもう少し浅い方が香りがハッキリでるのですが同時に酸味も残るので迷いますよね。

とりあえず、基本的な焙煎をしてみました。

感想は、プラム、ハニー、シルキーといったところです。

酸味はほとんど感じませんが甘みは強く非常に飲みやすく、さすがトップスペシャルティーです。

少し軽くフルーティーなコロンビアで他の農園ではまず味わえない素晴らしい余韻を持ったコーヒーです。ぜひお楽しみ下さい。

¥850    100g


0回の閲覧