oldman.4.siro (1)_edited.jpg

​oldmanの味つくり

同じ豆を焙煎しても焙煎する人によって違いがあり、酸っぱく感じたり,あるいは苦く感じたりもします。

すべての人に満足して貰うコーヒーを焙煎するのは不可能だと思います。

そこでoldomanならではの味つくりが生まれてきます。

oldmannではプロバット焙煎機だけが持っている圧倒的な蓄熱(特に焙煎後半の蓄熱)。この特徴を上手く利用し中煎りの酸味をまろやかにし、熟したフルーツの様な甘味を感じられるようにしています。

中深入りでは苦くなりすぎない様、後半の熱風と蓄熱だけで煎りあげチョコの様な苦みに変えていきます。

すっぱすぎず、苦すぎないソフトなコーヒーに仕上げています。

スペシャルティー豆だけが持っている香りと味を十二分に感じていただけると思います。

oldmanの【コントロールコーヒー】を是非お楽しみください。

 

お問い合わせ

plain1227@yahoo.co.jp

  • Instagram - Grey Circle